サガリバナは9時間しか咲かない幻の花!【天国と地獄】

サガリバナは9時間しか咲かないの幻の花!【天国と地獄】

天国と地獄に出てきたサガリバナについて調べました。

サガリバナは9時間しか咲かない幻の花!

スポンサーリンク

天国と地獄ででてきたシヤカナローの花は

サガリバナ

じゃないかと奄美大島の宿の店主が言っていました。シヤカナローの花なんて聞いたことがないと。サガリバナは下がり花とも書いて、字のごとく花が下に向いて下がっているのです。

下向きに咲くサガリバナ目サガリバナ科サガリバナ属の熱帯性常緑高木

しかも

  • 夏しか咲かない花
  • 冬は咲かない花

なので天国と地獄では設定が冬でしたので日高(望月彩子)は手に入らないということになります。

入れ替わりのキーアイテム、サガリバナ

このサガリバナが入れ替わりのキーアイテムということは間違いありません。

シヤカナローの花は実際には天国と地獄で作られた架空の花です。

フジ(藤)のように下向きに垂れ下がる花を咲かせるので、別名でサワフジ(沢藤)とも呼ばれています。

サガリバナの特徴
  • 芳香があり虫を呼び寄せる
  • 開花期:7~9月
  • 開花時間:夜9時頃から全開で朝には散る

サガリバナに似ている花

サガリバナに似ている花があります。

それがゴバンノアシです。

このゴバンノアシも夜に咲いて朝には散ってしまう花です。似ていますねサガリバナとゴバンノアシ。どちらもとても美しい花です。一度見てみたい。

ゴバンノアシは下向きではなく上向きに咲くのがサガリバナとは異なる点です。

サガリバナは天国と地獄の中でどんな意味が?

さてサガリバナは大変美しい花ということがわかりました。でも実際に天国と地獄ではどんな意味があるのでしょうか。ドラマでは冬でしたので手に入らないということになります。入れ替わりのキーアイテムとしてサガリバナがでてきましたね。でも実際には夏まで手に入らない。

これはどういうことか。

奄美大島への飛行機のチケットも行った時期は書いてありませんでした。行ったのは夏なのか・・気になるところです。

今の所わかっているのは、

  • 満月
  • サガリバナ
  • 階段から転げ落ちる

上記が入れ替わる条件ということです。

情報が入り次第追加します!

サガリバナは9時間しか咲かない幻の花!【天国と地獄】まとめ

サガリバナの正体はわかりました。しかし天国と地獄でのキーアイテムには間違いありませんが3話まででは決定的なことはわかりませんでした。4話が早くみたい!またサガリバナに関する情報がわかったら追記していきます。