【衝撃】オーマイボスロケ地熊本の実家は違う場所?

オーマイボスロケ地熊本の実家を知るとビックリ。実は…あの場所でした。

オーマイボスでロケ地となっている奈未の熊本の実家はどこなのでしょうか。本当に熊本なのでしょうか。詳しく調べてまとめました。放送で見る感じ、長屋のような家でしたよね〜。実際場所を知ると違う場所でビックリ衝撃でした。

オーマイボスロケ地熊本の実家はどこ?実際にあるの?

スポンサーリンク

オーマイボスの第一話で「熊本の中くらいのまち」なんてことを言っていました。果たして中くらいの町というのはどこか気になりますよね。

調べたところビックリでした。なぜなら・・・

熊本ではなくて、奈未の家がある場所は実際は

埼玉県

で撮影されていたからです。

いや〜ビックリしました。違うんかい!と思いましたが、時期が時期だし首都圏から近いところを探したんだろうな〜と思いました。

奈未の長屋のような家、本屋さん。埼玉県にある

いわいづら書店

の店舗を使わせて撮影していました。

それがこちらです。オーマイボスと同じ並びです。こちらだったんですね!

まさかの熊本じゃなく、埼玉でした。

住所:埼玉県坂戸市西坂戸3-5-11

ロケ地巡りに行くときは住んでいる方がいるかもしれませんので、周りのことを考えながら行動しましょう!!

ここの最寄り駅は、

  • 東武越生線の川角駅
  • 八高線の毛呂駅

が近そうです。

オーマイボスロケ地が熊本ではなく埼玉なのか?

なぜ熊本の設定だったのに、埼玉県が奈未の実家のロケ地になったのか不思議ですよね。なぜか予想してみました。

オーマイボスロケ地が熊本ではなく埼玉①コロナ

コロナで遠くに行けない状況だったので首都圏からも比較的近い埼玉県を選んだ。コロナのことも考慮して俳優さんや女優さんを危険にさらさないよう近くにしたんじゃないかなと予想しました。

撮影にも近いほうが時間がかからなくていいですしね!

オーマイボスロケ地が熊本ではなく埼玉②長屋

長屋を探していたのではないかと思いました。そこでいわいづら書店がドンピシャでオーマイボスロケ地に選ばれたのではないでしょうか。

普通の家で普通の人という設定だったのであの家はそれちょうどよかったのかもしれません。

オーマイボスロケ地が熊本ではなく埼玉③本屋さん

オーマイボスでの設定は本屋の娘ということだったので、本屋さんをしらみつぶしにさがして、理想通りの家を探した結果、いわいづら書店に行き着いた。という予想もできますね。

全国に書店はかなりありますのでまずは近場から探したのではないでしょうか。

本屋さんの上に家があるという建物はあまりないのかもしれませんね。知らないだけかもしれませんが、本屋さんて本屋さんで、住んでる家はまた別のところというイメージがあります。あくまでもわたしのイメージです。

オーマイボスロケ地が熊本ではなく埼玉④熊本弁

奈未の母親役の宮崎美子さんの出身は熊本です。なので熊本弁を自然に使えるように熊本という設定にしたのではないでしょうか。

上白石萌音ちゃんも出身は鹿児島なんですよね。

ということで、なぜオーマイボスロケ地が熊本ではなく埼玉なのかという理由は、

  • コロナ
  • 長屋
  • 本屋

という点から埼玉県のいわいづら書店が選ばれた!という予想になりました。それで熊本弁を喋れる女優さんがいるから設定が熊本に?なったのかな。

若者が全くいないとこの方はコメントしています。

撮影しやすい 

これもロケ地として選ばれる理由かもしれませんね。

オーマイボスロケ地熊本の実家目撃情報

でもやっぱり目撃している人もいるんだなと。

オーマイボスは熊本愛が凄い?!

オーマイボスに出演している女優の皆さん、熊本出身が多いことがわかりました。

  • 宮崎美子
  • 倉科カナ

宮崎美子さん、倉科カナさんが熊本出身でした。上白石萌音さんは鹿児島出身でした。

上白石萌音さんの出身は熊本県とつぶやきがありますが、鹿児島出身と上白石萌音さんのホームページに載っていましたので鹿児島出身で間違いないでしょう。惜しくも熊本とは違っちゃいましたが、九州ということは同じですね♪

オーマイボスドラマのあらすじ

新火曜ドラマ
『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』

 

ファッション雑誌編集部を舞台に
上白石萌音が鬼編集長の雑用係に!?
超ドSな鬼上司を菜々緒
子犬系御曹司のカメラマンを玉森裕太
クールな敏腕編集者を間宮祥太朗が演じる
上白石が3人との初共演で送る
胸キュンお仕事&ラブコメディ!!

 

「人並みの幸せ」目指しちゃだめですか!?
「人並みでいい」なんて、逃げてるだけよ!!

 

TBSでは2021年1月期の火曜ドラマ枠で『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』を放送することが決まった。
オリジナル脚本で送る本ドラマの主演を務めるのは上白石萌音。2020年1月期の火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』で「勇者」のように恋に仕事に懸命に立ち向かう新米ナースを演じ、大きな話題となった彼女がTBSの火曜ドラマ枠に帰ってくる!

今作で上白石が演じる主人公・鈴木奈未 (すずき・なみ) は、その名の通り「仕事も恋愛もほどほどに。人並み (なみ) で普通の幸せを手にしたい」というイマドキの安定志向の持ち主。地方の田舎町で生まれ育った奈未は、夢もやりたいことも特にない平凡女子だ。東京で暮らす幼馴染で片思い中の健也を追いかけるため、東京の大手出版社の備品管理部の求人募集を見つけ、面接を受ける。採用されたはいいが、備品管理部ではなくファッション雑誌編集部に配属されてしまう奈未。そこで出会ったのは、最年少編集長である宝来麗子 (ほうらい・れいこ) 。彼女はまさに「バリキャリ」であり、「超敏腕」「毒舌・冷徹」な鬼上司だった!
麗子は生半可な気持ちで働く奈未に対して冷たく当たる。「なんで私がこんな目に!?」人並みに仕事をして、普通の幸せを手にするはずだったのに…それでも麗子の仕事に対する姿勢を間近で見ているうちに、奈未の「仕事をすること」への意識が変わっていく。さらに、ひょんなことから出会った子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介 (じゅんのすけ) から突拍子もない提案が!! 鬼上司にも、子犬系御曹司にも振り回される奈未。仕事も恋愛も「そこそこでいい」はずだったのに…!? でも、今、彼女は全力で走り始める!!

主人公・奈未を演じる上白石は、『恋はつづくよどこまでも』でGP帯連続ドラマ初主演を果たし、今やドラマのみならずバラエティ番組にも引っ張りだこ。さらにアニメ映画で声優を務め、歌手としても作品を発表するなど多岐にわたって活躍中だ。「人並みに仕事ができればいい」と思っていた奈未が、鬼上司の仕事への熱い思いを感じ、また子犬系イケメン御曹司との恋に振り回されているうちに、自分が本当にやりたいこと、夢を見つけ、前に進むべく変わっていく姿を、魅力的に演じる。

そして奈未を振り回す、超ドS鬼上司・麗子を演じるのは菜々緒。女性が選ぶ“理想のボディ”ランキングで1位を獲得し、多くの女性から抜群のスタイルを絶賛されている菜々緒だが、女優としても様々なキャラクターを演じ分け、ドラマやCM、映画などで幅広く活躍している。今作では24時間仕事モードのストイックな女上司を演じるが、その超ドSな演技に期待がかかる。

さらに、奈未と運命的な出会いをし、屈託のない笑顔で奈未を振り回す子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介役には、昨年10月期の日曜劇場『グランメゾン東京』での熱演が話題となった玉森裕太。超天然でマイペースな潤之介だが、奈未の優しさや温かさに触れ、奈未と関わることで、自身にとって大きな一歩を踏み出す勇気を得るなど、変わっていく…!?

そして、奈未が勤める出版社の先輩編集者・中沢涼太 (なかざわ・りょうた) を演じるのは、ドラマや映画に数多く出演し、コミカルな役からストイックな役まで演じ分け魅了する間宮祥太朗。中沢は若手のエースと称されているが、その性格はクールでドライ。雑用係で仕事のやる気がない奈未のことを最初は完全にバカにしていたが、次第に奈未のまっすぐな心に惹かれ始める…。

物語の舞台はファッション雑誌編集部。出版業界冬の時代において、出版部数を伸ばし、売り上げを上げること、さらに紙媒体だけではなくデジタル化への展開が至上命題。本作では、華やかに見えるファッション雑誌編集部の華やかなだけではないリアルな裏側も見どころのひとつだ。

そんなファッション雑誌編集部に飛び込んでしまった奈未は、24時間仕事モードの鬼上司・麗子に巻き込まれ地獄のような忙しさの日々に…。「人並みに仕事ができればいい」はずだったのに…。それでも麗子の働きぶりを間近で見ているうちに「仕事をすること」への意識が変わっていく。さらに子犬系イケメン御曹司との前途多難な恋に挑んでいく中で、“自分にとって本当に大切なもの”を見つけ、“夢”を持ち、前を向いて生きていくまでを描く、愛と夢の物語。仕事に恋に悪戦苦闘しながら、成長していく主人公・奈未の姿にぜひご期待ください!

こんな時代だからこそ、「恋」と「希望」で日本を元気にしたい! 2021年1月期火曜ドラマをぜひお楽しみに!

 

【衝撃】オーマイボスロケ地熊本の実家は違う場所?まとめ

オーマイボスロケ地で話題になっている熊本の実家は実際は埼玉県でした。

まさかの県違いという結果でしたが、TVだったらよくあることでしょう。つい本当かと思っちゃいますよね。近隣に住んでいる人からしたら、

「ここ私の地元じゃん!」となりますよね^^;

調べて新たにわかったことは、宮崎美子さんと上白石萌音さんの地元が近いということでした☆